Menu
Menu

日本室内楽振興財団

ご挨拶

ごあいさつ

音楽は人の心に直接響く世界共通の言葉と言われます。
当財団は音楽の原点ともいわれる室内楽の素晴らしさを、日本そして世界に向けて発信することを目的に1992年に発足しました。

具体的な活動としては、世界の著名な音楽家を審査委員に委嘱し、各国の若き演奏グループによる競い合いを顕彰する「大阪国際室内楽コンクール」、そしてクラシックに留まらず世界の民族音楽など楽器の制約を取り払った「大阪国際室内楽フェスタ」を3年ごとに開催しています。そして各部門の優勝団体による演奏会を「グランプリコンサート」として日本各地で開催しております。
また、財団では室内楽に関する各種活動への助成、広報誌の発行、室内楽に関する調査研究などの事業も行っており、2011年に内閣府より公益財団法人の認定を受けました。「大阪国際室内楽コンクール」は1997年に国際音楽コンクール連盟(本部:スイス・ジュネーブ)にも加盟し、これまでに数々の若きアンサンブルがこのコンクールを機に世界に羽ばたいています。

これからも音楽の振興を通して、文化・芸術の発展と国際交流の一助となるよう努めてまいります。どうか私どもの活動に対し皆様のご理解と温かいご支援、ご鞭捷をお願い申し上げます。

公益財団法人 日本室内楽振興財団
会 長  森 詳介
理事長  望月規夫

pagetoppagetop